プロ野球の試合に公式BETする方法⚾️

格闘技に公式BETする方法

人気YouTuber推奨のスポーツBET

公式ブックメーカーで単勝・複勝をお得に賭ける

今週のレース推察

宝塚記念に向けた重要な一戦!鳴尾記念を徹底解析!

※昨年は中京で開催されたが、例年の阪神開催を含む過去10を対象に分析

1)落ち着いた頭数でも穴馬に注意

中京で代替された昨年(13頭立て)は、8→9→5番人気の順で決まり、3連単は63万馬券。

2016年には14頭立て13番人気、14年には12頭立て10番人気が3着に入るなど、フルゲートに至らない中で下位人気の馬が激走するケースも多く、7番人気以下の合計で「2.4.3.53」の複勝率14.5%になる。

連対率では1番人気「2.4.0.4」の60.0%が群を抜くが、2番人気30.0%、3~10番人気は各10.0~20.0%と連対馬は分散している。

2)4歳馬が抜群の安定感

年齢別では4歳が「2.3.5.7」で複勝率58.8%と抜群の安定感を誇る。

ただ3着が多いため連対率は29.4%にとどまり、5歳が「5.3.1.16」の連対率32.0%とこれを上回る(複勝率は36.0%)。

6歳は「2.2.3.34」の複勝率17.1%。7歳以上は「1.2.1.34」の複勝率10.5%。

4~5歳以外の好走も少なくはないが好走確立では劣勢。

ほかに3歳の出走が1回あったが15着だった。

〇4歳馬
カイザーバローズ
ジェラルディーナ

〇5歳馬
ヴェルトライゼンデ
キングオブドラゴン
ホウオウエクレール
ヤシャマル

3)前走・関東圏の出走馬が好成績

前走の場所別成績をみると、関東(北海道を除く)で出走した馬が「6.5.5.39」で複勝率29.1%。

新潟(複勝率25.8%)、以外の3場は複勝率33.3%で並んでいる。

対して中京より西は「4.4.5.52」の複勝率20.0%。

中京代替の昨年は前走が新潟と中山の馬が1・3着に入り、2着が同コースの中京の出走馬だった。

〇前走が関東圏の出走だった馬
ヴェルトライゼンデ(中山)
カイザーバローズ(新潟)
ギベオン(中京)
サンアップルトン(東京)
サンレイポケット(中京)
パトリック(中京)
ヤシャマル(新潟)

4)前走が格上出走馬に注目

前走クラス別(中央)では、G1出走馬が「3.2.3.9」で複勝率47.1%と抜群。

ほかに海外G1帰りのステファノスも2016年に2着に入っている。

また、前走G2組も「3.1.2.16」の複勝率27.3%の好成績。

本競走と同じG3組は「1.4.3.30」の複勝率15.0%、条件戦組は出走が少なく「1.0.0.3」。

〇前走がG1だった馬
ショウナンバルディ

〇前走がG2だった馬
ヴェルトライゼンデ
ギベオン
キングオブドラゴン
サンレイポケット
ジェラルディーナ

・データからの推奨馬
ヴェルトライゼンデ

・個人的な推奨馬
ギベオン

・調教が良かったと思う馬
サンレイポケット
キングオブドラゴン
ヤシャマル

 

パチンコ・パチスロで勝ちたい方へ

Jリーグ・海外サッカーの公式BET方法

おすすめ優良情報サイト

画像をタップして空メールを送信するだけで簡単に無料登録できます↓