プロ野球の試合に公式BETする方法⚾️

格闘技に公式BETする方法

人気YouTuber推奨のスポーツBET

公式ブックメーカーで単勝・複勝をお得に賭ける

今週のレース推察

上半期のグランプリに輝くのはどの馬か!?宝塚記念を徹底解析!

1)波乱含みの一戦、牝馬が好成績

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が「3.2.1.4」。

昨年のクロノジェネシスら3勝をあげ、連対率50.0%。・複勝率60.0%でトップ。

2番人気馬は、「2.1.2.5」で13年のゴールドシップら2勝、連対率30.0%・複勝率50.0%。

以下、3番人気馬が2勝をあげ、6・7・8番人気馬が1勝ずつと、中位人気馬の一発もある。

9番人気以下は「0.3.3.56」で、2・3着馬は下位人気まで幅広く分布している。

配当面で見ると、馬連で5000円以上の配当は半数の5回、3連単で18万円以上は4回と波乱含みの一戦と言える。

また、牝馬はのべ「4.1.5.14」で、一昨年・昨年と連覇したクロノジェネシスら4勝をあげ、複勝率41.7%と非常に高い。

過去10年中8年で3着以内に入っている。

3着以内に入った牝馬はいずれも4歳もしくは5歳だった。

〇4歳もしくは5歳の牝馬
ウインマリリン
デアリングタクト

2)8枠の馬が過半数の7勝

枠番別成績は、大外の8枠に入った馬が「7.0.2.13」。

19年のリスグラシューら過半数の7勝をあげており、勝率31.8%と非常に高い。

勝ち馬7頭中5頭は5歳馬だった。

また、最内の1枠にはいった馬は「0.2.3.10」で複勝率33.3%、2枠の馬も「1.1.2.11」で複勝率26.7%と高い。

なお、3~7枠に入った馬は5枠と6枠の1勝ずつで、複勝率はいずれも10%台にとどまっている。

3)天皇賞(春)組は4着以下からの巻き返しに注意

前走レース別成績は、出走数が抜けて多い天皇賞(春)組が「4.3.2.30」。

18年ミッキーロケットら最多の4勝をあげ、連対率17.9%・複勝率23.1%。

この組は前走3着以内馬が「0.0.1.14」で連対馬が出ておらず、前走4着以下だった馬が「4.3.1.16」で勝ち馬4頭を含む、3着以内馬8頭と多い。

また、両方を合わせた3着以内馬9頭中7頭は、過去にG1での連対実績があった。

大阪杯(G1昇格後)組は、「2.1.1.10」で17年サトノクラウンら2勝をあげ、複勝率28.6%。

3着以内馬4頭は宝塚記念で上位3番人気以内に支持されていた。

その他のレースでは、鳴尾記念組「1.3.1.15」で複勝率25.0%、ドバイシーマクラッシク組「1.1.2.6」で複勝率40.0%、目黒記念組「1.0.1.13」で複勝率は13.3%となっている。

・天皇賞(春)で4着以下で、過去にG1で連対実績のある馬
今年は該当馬なし

4)ノーザンファーム生産馬で前走4着以内馬が好成績

生産者別成績で出走数が非常に多いノーザンファーム生産馬は「7.4.5.48」。

15年以降の近7年連続で勝利しており、連対率17.2%・複勝率25.0%。

この組は前走で4着以内だった馬が「6.3.4.22」で複勝率37.1%と優秀。

前走5着以下だった馬は「1.1.1.26」で複勝率10.3%と、かなりの差がある。

また、騎手が前走から継続騎乗の馬は「6.7.7.54」で、16年のマリアライトら6勝をあげ複勝率27.0%。

対して、前走から乗り替わりの馬は「4.3.3.58」で複勝率14.7%。

同じ騎手が続けて騎乗する馬の方が優勢。

〇ノーザンファーム生産馬で前走4着以内馬
アリーヴォ
オーソリティ(※前走海外)
グロリアムンディ(※前走ダート)
ヒシイグアス

〇騎手が前走から継続騎乗の馬
アイアンバローズ
アフリカンゴールド
アリーヴォ
ウインマリリン
エフフォーリア
キングオブコージ
ギベオン
タイトルホルダー
デアリングタクト
ディープボンド
パンサラッサ
ポタジェ

 

・データからの推奨馬
パンサラッサ

・個人的な注目馬
ヒシイグアス

・調教が良かった馬
デアリングタクト
ヒシイグアス
ディープボンド
キングオブコージ

パチンコ・パチスロで勝ちたい方へ

Jリーグ・海外サッカーの公式BET方法

おすすめ優良情報サイト

画像をタップして空メールを送信するだけで簡単に無料登録できます↓